飛騨めしレシピ

Hida Roll(飛騨ロール)

飛騨の食を一度に味わえるロール寿司

「Hida Roll」は、赤かぶやえごまなどのご当地食材を飛騨米の酢飯で巻き、飛米牛(飛騨牛)をトッピングしたものです。7種の食材がロール寿司にギュッと詰め込まれ、ひとくちサイズで飛騨を味わえます。

使用する食材

調理時間20分 1人あたり約647㎉
【材料(1人分)】
飛騨コシヒカリ…150g
寿司酢…適量
のり…1/2枚
飛米(騨)牛スライス肉…50g
えごま…1g
飛騨山椒…ひとつまみ程度(※お好みで量を調整してください。)
飛騨ネギ…5㎝
赤かぶの漬物…お好みの量
大豆クリームチーズ…10g(普通のクリームチーズでも可)
朴葉…1枚(水に漬けると3分程度で戻ります)
■すきやきのたれ(※3~4本分のタレができます)
日本酒…1/4カップ
本みりん…1/4カップ
濃口醤油…1/4カップ
砂糖…小さじ2杯

作り方

①炊き上がったお米に寿司酢を入れた酢飯を作ります。(※寿司酢の量は市販品の表示分量を参考にしてください。)
②海苔に酢飯を均等になるように乗せ、その上に軽く炒ったえごまをスプーンなどで満遍なくふりかけます。
③赤かぶの漬物を細切りに、ネギは縦に切れ目を入れて中の芯を取り出し、芯の部分を細切りにします。外側は、重ね合わせて端から細く切っていき白髪ネギを作ります。(※白髪ネギは、飾り)
④②をひっくり返し海苔が上面に来るようにします。手前3㎝幅にクリームチーズを塗り、山椒をひとつまみ程度振りかけます。その上に赤かぶの漬物、ネギの細切りを乗せ、巻き寿司を巻くように巻きます。ある程度巻き上がったらサランラップの端をねじり、手でコロコロ回してラップがピンと張るくらい空気を抜いて形を整えます。巻き上がったものを、一口サイズにカットし、朴葉(皿)の上に盛り付けます。
⑤フライパンに油を引き、牛スライス肉を炒めてすきやきのタレを大さじ2杯加えて味を調えます。
≪すきやきのたれ≫
タレの材料を混ぜ合わせます。(※日本酒とみりんみ関しては、あらかじめアルコール分をとばす)
⑥⑤で焼いたお肉、白髪ネギを巻き寿司の上に盛り付け、フライパンに残っているタレをかけて完成です。(※お好みで上から山椒を振りかけてお召し上がりください。)