飛騨市食材活用レシピ飛騨の食材伝承作物

きのこと豆乳のえごまスープ

使用する食材

【材料(4人前)】
玉ねぎ…80g
小松菜…40g
しめじや椎茸など季節のキノコ…80g
和風だし汁…200cc
無調整豆乳…480cc
えごま…大さじ1.5
サラダ油…小さじ1
塩…小さじ1/2
塩コショウ…少々

作り方

下準備

①玉ねぎ・キノコ類を5㎜角にカットする。
②小松菜は、1㎝幅にカットする。

調理手順

①鍋にサラダ油を入れ火にかけ、玉ねぎを炒める。しんなりしたら、キノコ類を加え、塩を振り炒める。
②①にだし汁を加える。煮立ったところで無調整豆乳を加え、沸騰しないように弱火にする。
③②の鍋に小松菜を加える。この段階で味見をして塩・こしょうを加え味を調える。
④えごまを加え、火を止める。
(※えごまは、炒ることで香ばしくなります。

アレンジポイント

サラダ油をオリーブオイル、だし汁をコンソメに変えることや具材も好きなもので作れるので、アレンジの幅が広がるスープになっています。

レシピ考案者

田中 智枝 先生

北海道札幌市出身の田中先生。ご結婚を機に飛騨市へ移住され、自宅を中心に料理教室を開催しています。「身近で食材で、習ったその日に家族に作ってあげられるレシピの提案」をモットーに、料理初心者から上級者まで楽しめる料理教室や、飛騨の食材を活用したレシピの開発に取り組んでいます。